水素水が万能な理由を解剖|不妊にも効果的

女の人

お腹の赤ちゃんのために

赤子とレディ

栄養に気を配りましょう

健康ブームの長く続く今の日本ですが、特に健康に気を配らなければならない時があります。それは女性の妊娠です。言うまででもありませんが、妊婦さんはお腹の赤ちゃんの為に本当にたくさんのことに気をつけて生活しなければなりません。なかでも妊娠によって特に消費される栄養の一つとして、カルシウムが言われています。カルシウムは妊娠だけでなく出産によっても大量に消費されるため、出産を経験した女性は骨密度が低くなっているという研究結果があります。またカルシウム不足は妊婦さんだけでなく、赤ちゃんにも影響を与える場合もあります。妊婦さんなら誰しもが赤ちゃんには健康に産まれてきて欲しいと願うものです。産まれてきた赤ちゃんの歯や骨の健康のためにも、日頃から気を付けてカルシウムを摂取していきたいですね。

どんなものに含まれるのか

さてこのカルシウムですが、一体どのような食品に含まれているのでしょうか。やはり一般的にすぐに思い浮かぶのは牛乳ですよね。そのままでもすぐに手軽に飲むことが出来るので、体の重たい妊婦さんには助かります。ただ飲みすぎるとカロリーオーバーしてしまったり、お腹が緩くなってしまうこともあるので気を付けましょう。牛乳の他にも特にカルシウムが多く含まれているのが干しエビです。特に濃い味もないので、牛乳ほど好き嫌いの多くない食品です。もし苦手でどうしても飲めないという方は、干しエビを料理に積極的に使用してみましょう。カルシウムの量としては牛乳より干しエビの方が多いのですが、吸収率は牛乳の方が高いと言われています。しかしそれぞれ他の栄養も豊富な食品なので、赤ちゃんの為にも頑張って摂取していくようにしましょう。